◆水の化師


 
正しくは「道化師」と書きます。
 
10年以上前のある日、
ショーを観た若いお母さんから手紙を頂戴しました。
(以下要約)
水が怖くてプールに行こうとしない5歳の娘に、
「泳ぎに行くんじゃなくてピエロさんを観に行こう」と、
トゥリトネスショーに伺いました。
 
建物に入る時から娘は私にしがみついていました。
一方、そこに通っているであろう子供たちは水着でプールの縁に座り、
足を突っ込んでバタバタしており、その水しぶきが娘にかかり、
今にも泣きだしそうでした。
 
ショーが始まり、不破さんたちがおかしな動きをするのですが、
テレビで見たことがない売れない芸人さんのようで、
最初は私も正直「失敗した!」と思いました。
ところが、シンクロのお姉さんがきれいに踊ったり、
不破さんが後ろに進んで泳いだり、
今まで見たことがない水泳が繰り広げられ、
その迫力と面白さと、なにより技術の素晴らしさに驚き、
夢中になって見入ってしまいました。
ふと気がつくと、横にいたはずの娘が立ち上がり、
前の人をかき分けて前に歩いていきます。
止める間もなく娘がした次の行動にびっくりしました。
 
プールの縁に座り、
ほかの子と同じように足をプールに投げ出したのです。
服のまま。
その帰り道、娘はこう言いました。
 
「お母さん、明日プール行きたい」
 

あ、水に導いている・・・。
それから道化師を「 」という当て字にしています。
 

「トゥリトネス」の由来


トリートーンは、ギリシア神話に登場する海神であり、海神ポセイドーンとアムピトリーテーの息子。
トゥリトネス(TRITONES)はスペイン語の複数形。
 

グァテマラの「トゥリトネス」を指導する不破('94)


代表の不破が青年海外協力隊時代に指導していた、地方の弱小水泳チームの名前が「トゥリトネス」だった。
不破はそのチームによって“生活の中でのスポーツのあり方”を考えさせられ、その後の人生観を大きく変える切っ掛けとなった。

ショーオープニングの「あの言葉」はスペイン語です。


 
《訳》
おっす!
皆さん、そしてすべてのお友達。
ようこそ素晴らしいプールパーティーへ。
もう待ちきれませんね。
あなたもシンクロしちゃいます?
では、紹介しましょう。トゥリトネスです!